Sydney Platypus

「意外性」 それが私たちの共通点。 オーストラリアにしか生息しない、滅多に顔を出すことのないシャイで世にも珍しい生き物、 そんなカモノハシになんだか親近感を覚えるんです。 皆がそれぞれにブログで発信するのもいいけれど、たまにはこんな孤独な共同作業もいい。 各分野のエキスパートが独自のカラーで語るシドニー。 いつか行ったシドニーではなく、 いつか行きたいシドニーでもない、カモノハシの視点で見たシドニーを垣間見てみませんか。

◆SYDNEY PLATYPUS BLOG◆

「Bookish」の記事一覧

隣は何を読む人ぞ?

ここ最近ありがたいことに 超絶忙しい日々を送っておりました。 2004年にシドニーにオープンしたわが古本屋も 気づけば今年で18年目。 ここに来て・・・ なんと初めてのプチバズり??? というのも、少し前に人気のTikT […]

包装技術・ところかわれば♪

うちの古本屋では、店頭での販売のほかにオーストラリア全国、そして全世界(時々)に日本の本を出荷しております。 半分は日本人のお客様。 もう半分がオージーのお客様。 (そしてたまにヨーロッパなど) そうすると、よく オージ […]

モンスターな日々

前々回にご報告いたしましたカモノハシ日記オフ会! 当店(ほんだらけ)の漫画喫茶内で行われたのですが、本に囲まれていたのもあり途中で自然とそれぞれのメンバーの好きな漫画の話題に! カモノハシメンバーは得意分野や専門性が全然 […]

ビットコインのか・け・ら

2019年に芥川賞を受賞した小説「ニムロッド」。 これ、何が斬新だったかというと仮想通貨を題材にした作品だったんです。しかも主人公の名は「中本哲史(なかもとさとし)」。 そう、仮想通貨を少しでも知っている人ならお馴染み、 […]

幸せの瞬間

先日1年以上ぶりにお出かけくださった常連のお客様♪ COVIDの影響でずーっと 近所エリアにおこもりされていたそう。 こういうお客様、意外と多いんですよ。 最近になってようやく 「1年ぶりにシティに出てきた~!」 という […]

まさかの迷宮入りかよぅっっ!?

少し前のこと。 いつもご愛顧いただくお得意様と、 当店が17周年になるという話をしていました。 そうなんですよ~ 18年目に突入しちゃったんですね(O_O) 「いつで17周年なんですか?」と聞かれたので 「1月24日です […]

みんなで参加しよう!文学賞

  こんにちは、ひで蔵です。 今週のとみんごさんの投稿にあった、【第2回フルオブブックス文学賞】。 え~、栄えある第一回目の最優秀賞をいただいてしまった私といたしましてはですね、宣伝するしかないわけですよ! 「 […]

出発・スタート♪

今日は本屋らしい(?)話題を。 はい! 今年もまた・・・ 始動しました~~~♪ うちの本屋主催の文学賞、そう、Sydney Platypus執筆メンバーのひとり「ひで蔵」さんが見事最優秀賞に輝かれたあの「フルオブブックス […]

日本語と英語の狭間にて

おはようございます、ひで蔵です。 うっわ、また何も準備せずに土曜を迎えてしまった…。 なんせ今週は、クリスマスパーティーというか、忘年会というかのピークで、今日は仕事のメンツ、明日はラン友、あさってはSNSのオフ会…とい […]

ブンガク賞をもらったのだ

  どうも、ひで蔵です。 …またの名を、雪ヶ谷梨男。 そう、この雪ヶ谷某が、このブログ仲間のとみんごさんが発起した文学賞の最優秀賞を頂いてしまったのだ。 (ここで言葉を大にして言っておきたいのですが、選考にあた […]

ワクワクのジャーニーのはじまり♪

やっぱり今回はこれですねっっ!! ひで蔵さんっっ フルオブブックス文学賞 最優秀賞受賞 おめでとうございます~~!! 先週は、非常にテンション上がりまくりの中 フルオブブックス文学賞の話をお届けしましたが 10月16日( […]

心地よすぎる空間

そういえば、少し前のはりぃさんの投稿で、 自分にとっての「心のアミューズメントパーク」はどこですか? という問いかけがありましたよね。 心のアミューズメントパーク http://sydneyplatypus.net/20 […]

発見の宝庫!アメイジングな栞(しおり)の世界

愛読家に欠かせないアイテムのひとつが「栞(しおり)」。 こだわりの栞を愛用されている方も多いですよね。 また、栞は使わず「私はドッグイヤー(ページ折)派」という方もおられるでしょう。 あと、日本の本には本当に便利で優れた […]