心地よすぎる空間

そういえば、少し前のはりぃさんの投稿で、
自分にとっての「心のアミューズメントパーク」はどこですか?
という問いかけがありましたよね。

心のアミューズメントパーク
http://sydneyplatypus.net/2020/09/07/

”あなた一人だけで一日中過ごせる場所”

ただし家は対象外。
自分以外には誰もいない。

あなたはどこを想像しましたか?

私はと言いますと、
もうこれ以外に考えられなかったんですが・・・

職場でした(笑)

ハイ、つまり自分の古本屋です。

ここはねぇ・・・
ホント、1日いれる(笑)

よくお客様に「泊まりたい~」とか
「いやー何時間でも居れるわー」とか
言われるんですが、
「うんうん、わかるよー♪」と
毎回心の中で超絶共感しております。

1日あれこれ好きな本を好きなだけ読んで、
ゴロゴロするのもいい。

ヨガマットでも持ち込んで
ヨガ休憩してもいいし、
ワイン飲みながらまた本読んだり・・・
あと好きなときに寝たり(笑)

いやー考えるだけで幸せすぎるわ。

実際、1日中ノンストップで接客や作業をし、
あっという間に閉店時間になっちゃう時、
店を閉めた瞬間
「アーーーー♪」(ドサッ)と、
店内奥の漫画喫茶にある心地よい椅子に
沈み込むことがあります。

これがまた危険でねぇ・・・

心地よすぎてなかなか起き上がれない(笑)
いやいやマジで。
気づいたらあっという間に
時間が過ぎちゃうから困ります。

言っちゃいますけど、
それが実は・・・

夜だけではないんですよ。

朝も結構店内でくつろいでます(笑)

朝、カフェでコーヒーっていうよりは、
自分の本屋の漫画喫茶スペースで、
自分のためだけに
じっくり挽き立てのコーヒーを淹れて、
どっかからサンドイッチでも買ってきて、
はぁぁ~~って♪
一人ゆっくりするのが大好きなんですよね。

もちろん貸切で誰もいないんですが、
心の底から「あ~しあわせ♪」って
出ちゃいますもんね。
ホント好きなんでしょうね~(笑)

んでもって、これまた時間があっという間!
開店時間が迫ってくると、
「あぁぁぁもう少し!」と
名残り惜しく感じつつ営業開始・・・
というようなことが営業時間外の店内で、
よ~く行われております。

おそらく、店が心地よすぎるんですよね♪

重症なことには・・・
朝出勤して来て「ただいまー」で、
帰るときに「いってきまーす」って、
これ無意識にガチで言っちゃうことあり(汗)

そんな時は「どっちがベースなんだか?」
と自分でも思いますが、
それでもまぁ、一番大好きな空間は
やっぱり「我が家」です

おうち1番。店2番。

だから、仕事の後店を離れたくないけど、
でも家の時間が楽しみだから早く帰りたい、
というもどかしい板ばさみの日々。
それがわたしの日常です。

しかしながら、やはり好きと思える空間で
プライベートでも仕事でも
過ごすことが出来ているのは
本当にありがたいことだなぁと
とにかく感謝があふれるのでした。

みなさんの
「心のアミューズメントパーク」はどこですか?